新着情報・お知らせ






LIGHT DOWN IN IRISOが開催されました。

2022/01/10 3:41 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2022/01/10 3:43 に更新しました ]

1月9日(日)17:00~18:00 入曽の多目的広場でLIGHT DOWN IN IRISOが開催されました。このイベントは「げんキッズ」と入曽地域交流センターが共催しさや環はLIGHT DOWN の意義の説明やLEDのライトニングのお手伝いをしました。
開始時間の頃は月がぼんやり見えるくらいで快晴とはゆきませんでしたがそのうち木星が現れ、児童館の久米先生の説明で子どもたちが望遠鏡をのぞき込むと木星の衛星を見て歓声をあげる様子があちこちで見られました。

市役所エントランスで環境展示が行われました。

2021/12/22 2:43 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2022/01/07 19:47 に更新しました ]

12月20日(月)~12月27日(月)狭山市役所1Fエントランスで環境展示が行われました。
今年は脱炭素チャレンジカップ市民部門でNPO法人さやま環境市民ネットワークが環境大臣賞金賞を受賞したことから賞状、記念の盾及びこれらの受賞の経緯をメインの場所に展示しました。

狭山市中学生作文コンクールの表彰式が開催されました

2021/12/21 17:15 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/12/22 2:39 に更新しました ]

12月18日10時より狭山市役所6階会議室で狭山市中学生作文コンクールの優秀作品表彰式が行われました。
この事業は狭山市内のロータリークラブが主催し、NPO法人さや環がサポートしたものです。
新狭山ロータリークラブの石川会長より表彰式が開催される喜びを、小谷野市長からは、近隣5市とゼロカーボンシティ宣言をしており、中学生たちが気候変動への想いを伝えることはとても意義深いことです。
この後、優秀作品の表彰式が行われ、優秀作品が紹介されました。
      優秀作品の発表          優秀作品を代読

この後、SDGs演芸を主宰するマグナム小林さんとスエーデン出身の三遊亭好青年さんによる落語をしてくれました。
日本人はもともとSDGsの考え方をしていました。  スエーデン人と日本人の考え方の違いを笑いにしました。

親子“ミニぞうり”を作りました

2021/12/20 14:30 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/12/21 17:25 に更新しました ]

12月18日土曜日14:00〜16:00 
楽しい工作から環境についても学ぼうと14人(大人7名 子ども7名)が広瀬公民館に集まりました。
はじめにさや環の大貫さんと福島さんに”ごみのはなし”を教えてもらいました。
それから実際に家庭から不要になったものを集め、”生活ごみの分別を体験” をしました。
これまで燃やすごみに捨てていたものの多くが雑紙で、ダンボールの原料(資源)になることがわかって勉強になりました。

ミニぞうりづくり
シミがついたり、着られなくなったTシャツから作った紐で、手作り編み台(廃材木片と釘)を使ってミニぞうりを編みました。

木を切る体験講座が開催されました。

2021/12/12 19:08 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/12/20 22:37 に更新しました ]

12月12日(日)9:30~12:00 堀兼公民館とさや環によって森の木を切る体験が行われました。堀兼公民館長が「森の豊かさを保つために木を切ると若い芽が育ちます」
また小川理事から江戸時代から続く森を持続させることが私たちの願いですと、そして今日切る木が決まりました。またこの森は緑のトラスト9号地として市民、市、県が地権者から買い取っている森です。
切る木が決まるとロープを張り、チェーンソーで切れ目を入れると高さが15mある木をみんなで引っ張り木が倒れました。
木が倒れると小枝をノコギリで切りました。
樹齢は60年
緑のトラスト9号地についてはこちらのURLでもご覧いただけます。
https://greentrust-sayama9.jimdofree.com/%E6%B4%BB%E5%8B%95%E5%86%85%E5%AE%B9/

LIGHT DOWN IN OKUTOMI

2021/12/12 19:03 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/12/20 3:05 に更新しました ]

12月10日(金)17時から奥冨公民館主催でさや環が狭山市中央児童館と協力してLIGHT DOUN IN OKUTOMIを開催しました。参加者は9組20人。
このイベントは堀兼公民館で行われたイベントが好評だったことから家の灯りとエアコンを消して夜空を眺めましょうというイベントです。
金星を望遠鏡で見たとき、金星も満ち欠けがあるや土星の環を実際に見た少年、少女たちやお父さん、お母さんの驚きの表情が忘れられません。


第13回ちゃりんこフェスタを支援しました

2021/12/12 16:39 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/12/12 18:47 に更新しました ]

 12月11日(土)8時30分 狭山台公民館駐車場に16名の自転車愛好者が集まりました。 自転車はCO2を排出しない乗り物です。 
今回のテーマは久保川です。 入間川、不老川は市民に親しみがありますが久保川は暗渠が多く、ほとんど知られていません。
 今回は狭山ができた地形の成立ちを元高校で地学の教鞭をとっておられた竹越先生にご指導いただきながらツーリングを楽しみました。
始めに狭山の地形の成立ちを説明していただきました。12万5千年前の台地面など市内に四つの面があることが分かりました。古い順に金子面、武蔵野面、立川面、沖積面があることが分かりました。普段自転車でいくつもの面があることは体験的に知っていましたがその成立ちが分かりました。
ガイドマップには色別標高図があり、久保川の位置づけが分かります。三ツ木堀と加佐志堀に分かれており青柳で合流して初めて久保川になります。まず三ツ木堀の水源二本松公園に向かいました。
この後三ツ木堀に沿って下り遊水地、水神様を見て氷川神社で自転車を置き合流点
を確認しました。
昔、合流点一帯は湿地で葦が茂り、川には土手もなく村人たちは困っていましたが、近くの茶店でお団子を売る豊泉仙松さんが草刈りなど川を整備している時にこのお地蔵さんをみつけ、いつしか「せんちゃん地蔵」と呼ばれるようになったと伝わっています。

里山ウォークが開催されました

2021/12/12 15:56 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/12/20 3:20 に更新しました ]

11月28日(日)水野の森で里山ウォークが開催されました。
このイベントはNPO法人さやま環境市民ネットワーク、水野の森里山の会、だいこんの会が共催で行われたもので約150人が水野の森に集い、里の秋の森林ウォークを体験しました。
またツリークライミングというスポーツも紹介されました。
ツリークライマーにアンディさんがインタビューしてその活躍ぶりが紹介されました。

LIGHT DOWN IN SAYAMA 2021が開催されました

2021/11/06 19:16 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/11/16 15:55 に更新しました ]

11月6日(土)17時~18時 堀兼・上赤坂公園の多目的運動公園でLIGHT DOWN IN SAYAMA 2021が開催されました。このイベントは家の照明やエアコンを消して夜空を見上げましょうと11月6日、11月13日、11月19日の三日間にわたり市民に呼び掛けています。堀兼公民館、堀兼・上赤坂公園、狭山市立中央児童館、市役所からご支援いただき、初日は5組20名が集まり星を楽しみました。
11月13日(土)17時~18時 7組18名
LEDライトで作った天の川に沿って広い会場で金星、木星、土星を見ました。
金星は望遠鏡で見ると太陽の光で半月🌓のように見えました。土星の輪っかや木星の横縞も見えました。5時50分頃には織姫星や牽牛も見えました。
このイベントには狭山市立中央児童館のプラネタリウム解説をされる久米先生やボランティアの皆さんが持ち込んでくれた望遠鏡のおかげで心行くまで星を楽しみました。
昔は夜空を見上げればどこでも星が見えましたが温暖化され水蒸気やチリが増え星の光が届きにくくなりました。

わくわくこども教室が行われました

2021/10/26 22:31 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2021/10/26 22:48 に更新しました ]

10月23日(土)富士見公民館で木工教室の出前講座「わくわく子ども教室」が行われを行いました。小学校3年生から6年生まで15名が集まりました。  さや環のスタッフが建築現場で大工さんから端切れをもらってきたのでこれを使いました。
初めにものを無駄なく使うエコな話をした後、子どもたちは思いおもいにノコギリで加工し、釘や接着剤で廃材から次々にものができてきました。



1-10 of 298