無題


地域でオリジナル環境標語・川柳大会が開催されました。

2020/07/03 3:24 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

埼玉県温暖化防止活動推進員をしている筒井孝子さんが地域の仲間に環境標語・川柳大会の開催を企画して12名37首の作品が集まり、さや環メンバー15人が厳正な評価を行い、以下の作品が選ばれ6月28日(日)市内の喫茶店で表彰式が行われ、主宰の筒井孝子さんからクオカードが渡されました。
最優秀賞 窪谷愛子様
 ニガウリの葉っぱのカーテン エコライフ
優秀賞 石井章市様 常日頃 人にやさしく エコの知恵
優秀賞 大里吉子様 ちょっとした 工夫が大きな エコと成る
優秀賞 大島元子様 拾えない 投げ捨てのゴミ 隠れてる
他にも素晴らしい作品がたくさんありましたが新しい仲間と環境談議に花が咲きました。

狭山の緑についてご紹介

2020/06/09 17:47 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/06/12 18:46 に更新しました ]

「NPO法人さやま環境市民ネットワー」も今までのようにイベントでお会いすることが難しくなりましたのでさや環としては動画で近況をお話しすることにしました。下記のURLをクリックするかQRコードで開くかすると近況をご覧に入れることができます。アンディさんとフジコさんが小川さんに狭山の緑の話を聞いてきました。下記のURLをクリックするか iphoneでQRコードを開いてみてください。




クビアカツヤカミキリについて知ろう

2020/06/09 17:39 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/06/12 18:42 に更新しました ]

今サクラの木をむしばむクビアカツヤカミキリが埼玉県北部と東部で確認され、蝕まれた桜を切って拡散を防いでいます。
これについて、話を伺おうとアンディさんとフジコさんがNPO法人さやま環境市民ネットワーの小川さんから話を聞いてきました。

https://youtu.be/qgDLaFc2xLc


入間川の魅力をYouTube で伝えます。

2020/05/28 20:20 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/06/09 18:36 に更新しました ]

新しい試みです。
新型コロナウィルスの感染は緊急事態宣言が解除されても私たちの活動は様々な制約を受けることになりました。
本来なら入間川小学校で入間川のことを学ぶ野外学習をお手伝いする頃ですが、今回は入間川の魅力についてアンディさんとカンちゃんがNPO法人さやま環境市民ネットワークの皆川さんに話を伺いに行きましたので下記のURLをクリックするかQRコードで開いてください。




第13回NPO法人さやま環境市民ネットワークの通常総会は書面表決で承認されました

2020/05/28 19:17 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/05/28 20:18 に更新しました ]

第13回NPO法人さやま環境市民ネットワークの通常総会は新型コロナウィルスの緊急事態宣言により書面にて5月19日、全会一致の賛成により議決しましたので、原案通りで推進いたします。
5月23日の総会議事録署名をいただき完了しました。
ご協力ありがとうございました。

今回、役員を退任されました中島功さん、野口靖男さん、遠藤日出子さんの
今までのご高配に感謝いたします。
今後とも、さや環活動へのご支援・ご理解を賜りたく、宜しくお願いいたします。

新型コロナウイルス支援活動

2020/05/16 18:50 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

 新型コロナウィルス感染症が蔓延し、緊急事態宣言が出ております。このためNPO法人さやま環境市民ネットワークでは様々なイベントが中止または延期せざるを得ません。
  本来本日5月17日は当法人の総会の日でございますがこれもすべて書面にて議決をしなければなりません。
 私たちはこの事態にめげずネットワーク技術を利用して様々なPRをさせていただくことにしました。

 この画像は現在医療関係者の方々が日々市民のために活動されておられることに感謝の気持ちを表そうと「ナイチンゲール」の話を講談にしていただきました。
 お手持ちのiphoneのQRコード画面に2次元バーコードを当てると動画を見ることができます。



さやか51号が発行されました

2020/04/15 19:05 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/04/15 19:09 に更新しました ]

4月10日「さやか51号」が発行されました。

入間川小学校の環境学習を支援しました

2020/03/22 15:29 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/03/22 15:30 に更新しました ]

1月31日(金)入間川小学校5年生の4時限目は2クラス合同で環境学習が行われました。
さや環理事の皆川さんは入間川の話をまた同じく吉岡さんは地球温暖化の話と私たちができることの話をしました。
皆川さんは入間川は昔から人々の営みになくてはならない存在ですが、入間川もひとたび台風の直撃を受けると人々の暮らしを混乱させる恐ろしい川に変身します。川と上手く付き合うことが大切と、また吉岡さんからは地球温暖化は徐々に進行しています。原因はCO2の排出によるものですが私たちにできることは事実を良く理解して知ることやCO2排出の抑制努力や自然エネルギーを利用することの大切さを理解することです。と教えられました。

さや環「土淵 昭」理事が環境大賞奨励賞を受賞しました

2020/03/01 16:00 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/03/22 19:42 に更新しました ]

2月17日(月)NPO法人さやま環境市民ネットワーク理事の土淵理事が令和元年度彩の国埼玉県環境大賞奨励賞を受賞しました。
土淵さんはNPO法人さやま環境市民ネットワークの設立に関わる他
西埼玉温暖化対策ネットワーク事務局長
エコ・リサイクル連絡会顧問
専門は 温暖化対策、廃棄物のリサイクル、食品化学など
分かりやすい講義で県内各地で環境保全の普及啓発活動に尽力し
埼玉県民の環境保全意識向上に広く貢献されました。
県内の環境団体運営に多大な貢献をされたことが評価されました。


環境団体交流会が開催されました

2020/02/25 12:42 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2020/03/22 19:44 に更新しました ]

2月8日(土)13:30~16:00 中央公民館第一ホールで環境団体交流会が開催され25の環境団体が集まり45名の方々が参加されました。
 石田代表理事から「環境団体が協力して様々な環境課題に取り組むことが大切」と挨拶し、また小谷野市長から、益々温暖化対策が求められていると開催意義を伝える祝辞を頂きました。
 第1部として、2015年から国連で提唱され2030年までに17の目標を持つSDGsの活動をどのように取り組んでいるかを各分科会リーダーから説明がありました。
緑分科会からは小川さんが「緑の環境保全活動と特定外来生物のクビアカツヤカミキリへの対応」が、川分科会からは近藤さんが「ふるさとの川・入間川の再生とにぎわい創出への対応」を、ごみ減量分科会からは西塚さんが「ごみゼロのまちをめざした対応」、温暖化対策分科会からは吉岡さんが「昨今の地球温暖化の状況と狭山市におけるCO2排出削減活動とSDGsにどうかかわるかについて」が報告されました。 
このあと、第2部に入る前の「ティータイム」では、栗原理沙さんと成田美侑紀さんによる軽快なマリンバの演奏が披露されました。
 成田さん(左)     栗原さん(右)

この後の第2部ではさや環理事でありNPO埼玉エコリサクル連絡会顧問の土淵昭さんから「プラスチックの環境汚染問題と市民にできること」の話がありました。
私たちが捨てる廃プラ(廃棄プラスチック)のうち回収されない廃プラは川を渡り最後に海に流し出されますが、いまその量が増大し、また微細化して海洋生物の胃の中に分解されないまま溜り、またそれを人が食べる悪循環が起こっています。
このため包装材料としてのプラスチックを自然素材にしたり、分解しやすいプラスチックに変える研究開発が行われています。

1-10 of 257