最新のお知らせ

マイタウンソーラー発電4号機の点灯式が開催されました。

2019/03/09 0:59 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/04/06 18:30 に更新しました ]

3月9日(土)10時~10時50分 狭山ひかり幼稚園 ホールに於いてマイタウンソーラー発電4号機の点灯式が行われ200名を超えるご来賓、園児と保護者、関係者が集いました。
はじめにソーラー発電の竣工を祝うテープカットが松本副市長と園児の手によってテープが切られると室内はソーラー発電の電気による室内照明が点灯し明るくなりました。
そして園児たちはひかり幼稚園のうた「ひかりひかり」を元気に手を振りながら歌いました。
ソーラー発電の点灯式にピッタリですね。
このあと主催者代表としてさや環の石田代表理事より過去3基のマイタウンソーラー発電を建設してきて市内で4基目となりソーラー発電の普及・啓発に貢献してきた。そして学校法人石川学園 理事長の東先生が巨大地震の度に停電が起こり市民生活への影響が大きい、緊急事態に備え、また子供たちが成長したときにこの日の意義を知ることだろうと開会挨拶をしました。
次に松本副市長、新市議会議長から祝辞をいただき、
続いて埼玉県の市民共同発電事業を進める埼玉県のエネルギー環境課のお二人からソーラーエネルギーの大切さについての説明を祝辞として頂きました。
そして環境経済部長の吉田さんからソーラーエネルギーの大切さが伝えられると
狭山ひかり幼稚園の園長先生の東温子先生から建設にご協力頂いた皆様へのお礼が伝えられました。
最後にさや環の吉岡さんが園児たちにわかるように地球の温暖化の話とソーラー発電が必要な訳を話しました。
この後、記念写真を撮るために並んでいたら、なんと「コバトン」と「さいたまっち」が突如やってきてみんなを驚かせ、園児たちは大喜びでした。
この後11時~12時まで第2部に移りソーラー発電で動くしゃぼん玉発生器やソーラーミニカーで遊ながらソーラーエネルギーを学びました。
また保護者たちははしごで屋上に上がり、ソーラー発電を実感しました。

環境団体交流会が開催されました。

2019/02/16 20:10 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/04/06 18:23 に更新しました ]

2月16日(土)13:30~16:30 NPO法人さやま環境市民ネットワーク主催による環境団体交流会が開催されました。石田代表理事から「今回が4回目です、30団体48名の方にご参加いただき大変感謝申し上げます。さや環は今後団体相互の連携を重視してゆきたいのでよろしくお願いします。」と挨拶がありました。
次いで副代表理事の毛塚さんから4分科会リーダーによる最新情報の報告がありました。
緑の分科会 小川理事★ 
地球温暖化と狭山市の緑の状況 ナガミヒナゲシ、クビアカツヤカミキリなど外来動植物の脅威と対策について
川の分科会 皆川理事★ 
川の応援団の活動、遡上可能な魚道の整備、入間川とことん活用プロジェクトの活用など入間川再生の取組について
ごみ減量分科会 土淵理事、福島理事★
稲荷山焼却炉がやがて寿命を迎える、高効率で環境に優しいバイオ処理化しては
ゴミの適切な分別をしてください。生ごみ、雑紙、プラスチックなど資源が一杯あります。
温暖化対策分科会 吉岡理事
パリ協定 COP24の状況 エコライフDAYの勧め マイタウンソーラー発電建設によるエネルギー創出やLED利用促進を市民にお願いした。

第1部 終了 休憩

広瀬にお住いの関口ヒサ子さんが、徳林寺に墓がある鬼面山 谷五郎(きめんざん たにごろう、1826年(文政9年) - 1871年9月7日(明治4年7月23日))の話を紙芝居で伝える。

関口ヒサ子さんの紙芝居               WIKIPEDIAより抜粋 右が鬼面山谷五郎

第2部 
参加団体から意見交換 シティープロモーテョンについて
コーディナイター毛塚副代表

小谷野狭山市長からは「環境先進都市を目指していきたい。シティセールには幾つかのイベントを組み合わせたり、個々の魅力を磨き上げ繋げていくことが必要と考えている」といったメッセージがありました。

水富公民館でエコキッチンが開催されました。

2019/02/15 14:31 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/02/21 20:41 に更新しました ]

2月15日(金)10:00~12:30 水富公民館でエコキッチンが開催され10名が参加しました。さや環理事の福島さんから「 一度に使いきれない野菜や家庭に常備してある乾物を上手に使って生ごみの出ない料理やエネルギーを無駄なく使うエコな料理方法を考えましょう」と挨拶。大貫、奥本、谷口のエコ名人を紹介。
生ごみを出さないように、まず人参や大根は皮は捨てず、他の料理(かき揚げ)に使います。皮をすてないで後で使います。
大根は輪切りにして天日干し、皮も千切りして天日干しすればすてることはありません。
高野豆腐の煮つけ  あえもの     かき揚げ風ひじき  大根のステーキ

高野豆腐は大豆から作られているのでとても栄養豊富です。
普通ことこと煮るのですがここでは一度沸騰したら保温カバーに包んでおきます。
こうして熱が逃げるのを防ぐと何度も何度も煮返す必要がありません。とても省エネになります。

きな粉は手軽に大豆タンパクが摂れる美味しい食品ですが、袋を開けてもなかなか使い切れません。そこで火を使わずにできる「きな粉棒」を作ってみました。懐かしい味です。

今日出たごみはこんなに僅かです。
その上刻んで「生ごみ堆肥」に入れれば立派な堆肥ができ、元気の良い野菜や植物を育てることができます。玉ねぎの皮だけは堆肥に不向きなので、これだけゴミとなります。

最後に食器洗いですが
廃油と苛性ソーダで作った石けんを使うと、とてもきれいに洗えます。その上排水の石けん分が合成洗剤より約3倍の速さで分解されるので、環境に優しい洗剤と言えます。

新狭山公民館でエコキッチンが開催されました

2019/02/02 11:02 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/02/06 11:30 に更新しました ]

1月30日(水)10:00~12:00 新狭山公民館の調理室でエコキッチンが開催されました。会場には14人の主婦が集まりエコなキッチンテクが紹介されました。
小林副館長からエコキッチンは緊急時の防災にも活用できるので是非ともおぼえてくださいと挨拶があり、
続いて「さや環」の福島さんがエコキッチンの趣旨を説明しました。
この講座はレシピを説明するのではなく①食材を丸ごと活かす ②省エネ調理  ③ゴミを減らす、この3点をどのように実践できるかを提案し、皆さんと考える講座です。今回は非常時にも役に立つ「手軽で便利な缶詰」や「必要なだけ戻して使える乾物」を利用した献立を、実際に調理しました。合わせて大根一本を無駄なく調理するために、天日干して作る 「使い切り料理」も好評でした。

煮物はとろ火でコトコト煮込むより沸騰したら保温材に包んでおけば余計なエネルギーを使わずに済みます。

冷蔵庫の残り物で美味しい料理ができました。
美味しい食事の後は肥料作り。
野菜の切れ端や残飯はゴミにしないで肥料にすると家庭菜園で美味しい野菜が採れます。
野菜に含まれるミネラルが新たに生まれる野菜の美味しさに変わります。と大貫さん
においもしなければ、手も汚れずバイオ醗酵で肥料ができます。

環境出前講座「冬の節電講座」が大環境カルタ大会とともに開催されました。

2019/01/26 22:11 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/01/27 12:12 に更新しました ]

1月26日(土)10時から12時まで水富公民館で開催されました。
子ども7名(小学生3人と未就学児4名)と参加者14名(内市職員2名)

はじめに吉岡理事から「この講座は小学生向けに作られています。テレビでおなじみのさかなクンによる環境の話と環境クイズそして環境カルタで楽しみながら狭山の環境を学びましょう。」と挨拶があった。
次にさや環の桑原さんが環境の話をDVDを交えてしてくれました。さかなクンのDVDが流され、地球の温暖化が進んでいることが分かりやすく解説されました。またクイズではこのまま温暖化が進むと感染症が増えたり、魚が食べられなくなったりすることや、つけっぱなしのテレビや照明はこまめに消しましょうとか寒いときはたくさん着て、暖房の設定温度を下げましょうとかいうもので子供たちはクイズの3択問題に答えていました。
環境カルタでは「英語カフェ」の皆さんが英語で読み、簡単な英語を解説しながらヒントを出しながら進められたので英語が分からなくても絵の様子でカルタをとる子もいました。
2回目は大きな絵札を散らして全員参加、日本語読みが終わってハイと言ってから取るので未就学の子もたくさん取ることができ盛り上がりました。
最後に餅が配られ解散しました。

英語カフェの皆さんと餅つきの関口さんのご夫妻を入れると総勢40名がカルタ大会を盛り上げてくれました。

さやか46号が発行されました。

2019/01/26 21:33 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/01/26 21:35 に更新しました ]

1月16日「さやか46号」が発行されました。

「森の手入れ体験学習」(チェンソーと刈払機の見学)が開催されました

2018/12/25 1:29 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/12/26 23:57 に更新しました ]

  12月23日(日)午前10時から、「堀兼・上赤坂公園の森」で、小学生を対象にした初めての「森の手入れ体験学習」を開催し、小学生と同伴者18名が参加しました。
  責任者の青山松之さんから森の手入れの意義と注意事項があり、全員がヘルメットと手袋をつけて森に入りました。
 最初は刈払機の実演を見学。いよいよチェンソーによる幹回り70㎝、高さ20m程の「ヒノキ」の伐採を見学。
このヒノキが上部で他の木と重なり、間隔が狭いため、環境を改善する目的で伐採。
音と飛び散る木屑に皆、真剣な顔で見ていた。笛の合図で全員がヒノキの上部に取り付けたロープを引くと音を立てて倒れ、子供たち全員が大歓声!さらに倒れた木の枝を鋸で切る作業では夢中になって挑戦していた。
最後にシイタケ刈りを行い、用意した木工クラフトと合わせ、お土産にした。
子供たちに感想を聞くと「ロ―プ引き、ノコギリの枝切りが楽しかった」が全員の答えだった。

第10回ちゃりんこフェスタに協力しました。

2018/12/18 11:59 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

12月1日9:00 狭山市駅西口広場にサイクリストたち13名が集合しました。この他に現地参加者5名合わせて18名が参加しました。
ちゃりんこフェスタはCO2を排出しない自転車で誰でも気軽に参加し狭山市や周辺をポタリングしながら地元のお宝発見をするもので「さや環」は環境にやさしいイベントとして協力しています。
はじめに八島会長から安全運転でゆっくり自転車を楽しみましょうと挨拶があり、今日のコースの説明がリーダーの吉岡さんからあり、狭山市と入間市の市境のお宝探検をしますと説明がありました。








「環境にやさしいまちづくりと市民の役割」が開催されました。

2018/12/17 5:19 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2019/03/22 2:57 に更新しました ]

12月14日(土)14:00~16:00 広瀬公民館ホールで寿大学の中で「環境まちづくりと市民の役割」が講演され54名の市民が耳を傾けました。
講師はNPO法人さやま環境市民ネットワーク(さや環) 副代表の毛塚宏さんで永年市内でみどりのまちづくりに携わってきました。
 狭山市は「みどり」を売り物にしていた以前に比べすっかり少なくなり都市化が進みましたが今でも市域の30%に森があり、緑は狭山の骨格をなしています。
 埼玉県は くぬぎ山、堀兼、上赤坂、水野、逃水、南入間野の計128haを「ふるさと緑の景観地」に指定し県内最大ですがほとんどが私有地でありその永続性は乏しく危うい。
 森は「みどりの幼稚園」として幼少期の教育に大変重要な要素である。
「さや環」を含め様々な団体が緑を体験させるイベントを企画し緑のまちの魅力を発信している。
 水富地区においては水と緑の調和が素晴らしく根堀の用水路周辺の景観は素晴らしい。笹井には水車が平成まであったが保存されず撤去されてしまったことは大変残念だ。ほとんどの市民がこのことを知らされていなかった。市民の関心がないと折角の資源がなくなってしまう。
 豊かな緑は地域のブランドであり、住みよいまち、訪れたいまちにしてゆきたい。

環境ウォーク2018が開催されました。

2018/12/10 20:34 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/12/18 11:01 に更新しました ]

11月24日(土)晴天に恵まれた堀兼・上赤坂の森に121名の市民が集い環境ウォーク2018を楽しみました。このイベントはNPO法人さやま環境市民ネットワーク(さや環)が毎年秋、狭山市内の豊かな自然に親しんでいただき、歩きながらその魅力を伝えるものです。
はじめに副代表 毛塚宏さんの挨拶があり環境ウォークの趣旨や赤坂の森について説明が、次に小谷野市長から「堀兼・上赤坂の森の維持管理が難しく、このような森を歩くイベントは市民に森を知ってもらう良い機会です」とお祝いの挨拶がありました。
三つのグループに分かれ各グループのリーダーから植物や鳥など小動物の説明や江戸時代に堆肥を作るために作られた森は堀兼・上赤坂の豊かな土壌をつくっていることを学びました。
歩いた後はとん汁が振舞われ皆んなで頂きました。

森の音楽会も開催されました。
スタッフの皆さんお疲れさまでした。


1-10 of 213