最新のお知らせ

第11回総会が開催されました。

2018/05/23 18:46 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/05/23 18:53 に更新しました ]

平成30年5月20日14:00~15:00狭山市中央公民館第1ホールで第11回NPO法人さやま環境市民ネットワーク総会が開催されました。
開会に先立ち総会成立要件が近藤事務局長から述べられ開会が宣言されました。
始めに代表理事の石田さんより開会挨拶が述べられました。またこの場で今埼玉県の桜が外来種のクビアカカミキリに害され新たな課題があることに警鐘が鳴らされました。
狭山市長の小谷野剛様から総会開催へのお祝いと同時に日頃からの環境保全事業に対しお礼の言葉をいただきました。

次いで石田代表理事が議長となることが承認され、毛塚副代表から平成29年度の事業活動報告が、また児玉理事から同会計報告がされ併せて中村監事、遠藤監事による監査結果が報告され適正な会計であったことが報告され一括承認されました。次いで平成30年度事業活動計画が毛塚副代表から、同会計予算計画が児玉理事から読み上げられ全会一致で承認されました。次いで役員人事と定款変更が承認されました。
議事進行する石田議長      毛塚副代表         児玉会計担当理事
総会を進行する近藤事務局長  中村監事と遠藤監事による監査報告 総会閉会を宣言する小川理事

この後、休憩が取られ第2部の講演「パリ協定のその後」が吉岡理事によって行われました。
この講演はパリ協定で産業革命以降の気温上昇を2℃以下に抑える決定事項に対し、各国や投資家、企業、団体がどのような対応をしているかを今年2月~3月にかけてNHKBSで放映された「脱炭素時代は来るのか」の映像を通して解説し、ビデオ放映したものです。
これによると世界中の名だたる投資家が地下資源依存型社会の今後に危機感を持ち、地下資源依存資産を座礁資産として位置付け投資資金を引き揚げはじめ、再生可能エネルギーに既に22兆円が投入されていること。またソーラー発電コストがすでにkwh当たり2.6円まで低下し、原発や石炭火力発電のコストを大きく下回り始めたことから着実に脱炭素社会化が進んでいる。
トランプによるパリ協定脱退の影響は殆どないほど世界のマネーは持続可能社会化は進んでいるとみるべきであること。
残念ながら日本はさや環の想いとは異なり世界の流れから大きく外れているようである。(吉岡記)

リサイクルマーケット2018春に出展しました。

2018/05/23 14:24 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

5月19日(土)9:00~13:00上奥富運動公園で第53回リサイクルマーケット2018春が行われさや環は温暖化分科会から出展し省エネ活動をしてもらうようイベントを通じた活動をしました。

狭山新茶と花いっぱいまつり

2018/04/29 13:54 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/05/01 15:05 に更新しました ]

平成30年4月29日 9:00より快晴の中、狭山新茶と花いっぱいまつりが行われ「さや環」はソーラー発電で動くシャボン玉発生器のニューモデルを出展し以前よりたくさん泡が出るのでちびっ子たちに大人気でした。
また恒例となったソーラークッカーによるほうじ茶作りは多くの皆さんソーラーパワーの偉力をお伝えすることができました。
いずれも会場の雰囲気作りに貢献することができました。エコハウス作りには29人がチャレンジ
クイズ(紙)は60人が、パソコンクイズも40人あまりの人がチャレンジし、
新たな気付きを提供することができました。
またさや環で制作したエコ絵本も紹介され読み聞かせが勧められました。

里山ウォークが実施されました。

2018/04/15 6:19 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

4月15日(日)9:00 小雨の中、里山ウォークが開催されました。
このイベントはロッジ水野の森保全委員会、水野公民館、さや環との共催で行われ4.5kmの水野の森の散策が行われた。
散策から次々に戻ってきました。
写真館も開催されました。
11:00からは倉品真希子さんによるアルパが演奏されました。

さやかNo43を発行しました

2018/04/15 4:26 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/04/15 4:34 に更新しました ]

4月10日 さやかNO43が発行されました。


幼児向け絵本をつくりました

2018/04/15 4:20 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

3月31日 マイタウンソーラー発電3号機建設に際し、(財)サイサン環境保全基金より助成金をいただき絵本を作りました。
小さいお子さんに読み聞かせをしてあげてください。

シイタケのコマ打ち体験会とシイタケ狩り

2018/03/28 1:54 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/03/28 2:44 に更新しました ]

3月18日(日)参加者は64名
(子供19人、保護者20人、大人13人、スタッフ12人)

朝、堀兼・上赤坂の森の木々には少し黄緑色の若芽が吹いていました。

一週間前まではシイタケのほだ木には、親指ほどのシイタケが出ていましたが、この日は数日前の雨と暖かさからか、10センチほどに育っていました。

「コマ打ち」は、ほだ木に「シイタケ菌」を打ち込める穴をあけ、木づちやちいさな金づちで打ち込みます。
早春の森に、子供達の歓声がいつまでも響き渡っていました。
(中島) 

出前講座「家庭に潜む有害化学物質」が行われました。

2018/02/18 20:12 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿

2月16日(金)14:00~16:00 広瀬公民館のひろせ壽大学において出前講座「聞いてびっくり!知って安心♪ 家庭に潜む有害化学物質」が行われ、62名の方々が参加されました。
講師はNPO法人さやま環境市民ネットワーク 土淵 昭 理事
広瀬公民館の河口館長より今回の出前講座の趣旨「聞いてびっくり!知って安心♪ 家庭に潜む有害化学物質」が伝えられると来月米寿を迎えられる土淵講師が紹介された。
そして土淵講師が健康な理由はご自分で化学肥料を使わない有機野菜を栽培してそれを食べているからと大変説得力のある自己紹介から始まった。
【食品添加物について】
保存料:安息香酸ナトリウムやソルビン酸カリウムはカビが生えにくく食品が長持するが腸内細菌を殺してしまうので発がんや免疫障害を起こす可能性がある。コンビニ弁当など食べ過ぎにご注意を!

自然エネルギーの意義について

2018/02/04 14:47 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/03/10 21:54 に更新しました ]

1月27日(土)13:30~15:00 奥富公民館ホールで「自然エネルギーの意義について」講演があり13名の方々が参加しました。地元の吹上自治会の集会所の屋根にマイタウンソーラー発電所が建設されたことを記念してソーラー発電等の自然エネルギーについて考えてみました。講師は吉岡理事
 この講座では自然エネルギーが数年前まで不安定と言われていたが、ここ最近の世界の電力は大きく様変わりし、自然エネルギーの割合が急激に増加し、電力の 25%弱にも達する勢いであること、また自然エネルギーの不安定さをカバーするために蓄電技術から畜エネルギーへと幅広い試行が試されており、従来の常識が覆され新しい常識が生まれていることが伝えられた。
 2011年以前、原発による夜間の余剰電力を揚水型発電の上部貯水湖に揚水してエネルギー蓄積を行い、真夏のピーク電力に供え下部貯水湖に放流し発電し電力不足を補っていたが、最近は晴天時のソーラー余剰電力を使って上部貯水湖に揚水してエネルギー蓄積を行い、朝と夕方の電力不足を同様に補っていることや、他にも晴天時の余剰ソーラー電力を使ってエアーを圧縮し、エネルギー蓄積するなど既存技術を使ったエネルギーの平準化が行われているとして、自然エネルギーの不安定さが解消されていることが伝えられた。
 更に驚くことは、これらの自然エネルギーの持続可能力が評価されてきたことから世界のお金が自然エネルギー建設に向かっているという。自然エネルギーが経済原則に従ってきたことから環境・安全やコストに不信感の高い他の発電方法が地球規模で普及が期待される。
 もちろんCO2増加のピークアウトが近いことも期待できそうだ。

さやか42号が発行されました

2018/02/04 13:26 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/02/04 13:41 に更新しました ]

さやか42号
1018年1月10日さやか42号が発行されました。
NPO法人さやま環境市民ネットワーク10周年やマイタウンソーラー発電3号機の点灯式など話題満載です。


1-10 of 181