8月18日(土)「森の散策とクラフト体験会」が行われました。

2018/08/19 7:17 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2018/08/20 21:07 に更新しました ]
8月も中旬を過ぎたら急に過ごし易くなりました。
8月18日(土)9時30分~ 
「森の散策とクラフト体験会」も朝から涼しい日になりました。
場所は、「堀兼・上赤坂公園」の研修室と「緑のトラスト狭山」です。


 小学生9人、未就学生5人、大人6人の合計20名が集まりました。それに「さや環」のスタッフ、市の環境課と公民館の方々と引率の方々合わせて、総勢45名でスタートしました。

 始めに講師の小川泰男さんから森のコースの説明と注意事項があり9時50分、散策に出発、江戸時代の初めに新田開発された堀兼新田、隣接する畑地から遠くに見える屋敷林や緑のトラスト狭山との関りなどの説明を聴きながら、涼しい雑木林を散策しました。蝉殻、キノコや昆虫などに出会って子供達は大はしゃぎ!それでも手入れされた明るい森と、放置していた暗い森を見て、その違いに驚いていました。
 研修室に戻っていよいよクラフト作りです。ドングリを始めいろいろな木の実、木の枝、スライスした木を利用して子供達の夢がどんどん作られて行きます。
「動物」、「昆虫」、「花壇」、「家族」、「公園?」等々。最後に子供達は完成した作品を誇らしげに披露し合って全員でカメラに収まりました。

                       緑の分科会 中島 功
Comments