環境サロン

2014/01/27 1:36 に さやま環境市民ネットワーク NPO法人 が投稿
1月21日(火)12:30~15:40 軽食をつまみながら省エネ名人の松岡壽賀子さん(川越市)の講演と環境コミュニケーションを深めました。松岡さんによれば事の発端は子供さんの勉強部屋に置いた赤外線ストーブの電気代がとても高くなったことから家族でこの赤外線ストーブの使い方を話しながら折れ線グラフに書き始めたこと。そして翌月に電気代が半減したことから省エネ生活がスタートしたそうです。夏はエアコンを使わないでも簾や風の通りを工夫したりと工夫の積み重ねで現在は子供さんも独立して夫婦二人の生活に月の使用料は80kwh台だそうです。



Comments