「牛乳パックで『紙すき』しよう」が開催されました。

2017/08/29 6:58 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2017/08/29 18:53 に更新しました ]
8月24日(木)10:00~12:00 入曽公民館で出前講座 牛乳パックで「紙すき」しようが開催されました。
当日は、20名の小学生、中学生やお母さん方が参加しました。
講師はさや環の谷口さんが中心になって、他に大貫さん、武居さんらさや環メンバーがサポートしました。
 最初に牛乳パックに使われる紙は良質なバージン繊維が使われるので紙すきに都合がよいと説明がありました。牛乳パックは内側にビニールシートが貼ってあるのでこれを剥(はが)しミキサーで紙をバラバラにして繊維状にしました。
四角いバットにドロドロに溶かされた繊維が入ると思い思いに紙すきの木枠を入れてすくいあげると絡み合った繊維がすかれました。
すかれた繊維の水分がなくなるとだんだん紙らしくなってきました。
そこにあらかじめ用意された折り紙やシール、押し花などを置きアイロンで水分を飛ばすと立派なはがきができました。

Comments