姉妹都市ワージントン市にリユース鯉のぼりが上がりました。

2017/10/26 20:22 に NPO法人さやま環境市民ネットワーク が投稿   [ 2017/11/12 14:27 に更新しました ]
 10月20日(金)9:30(OHIO現地時間)
 狭山市の姉妹都市ワージントン市との市民交流において、狭山市民が子供の成長を願ってあげた鯉のぼりが不要となり仕舞われていたものが提供され、ワージントン市役所はじめ7施設に贈呈されました。
 通常なら使われなくなってしまう使用済の鯉のぼりが親善交流の証としてオハイオ州ワージントン市役所の星条旗掲揚ポールに掲げられ、価値ある活動に使われたことは大変光栄なことです。
またワージントン市の小中高校にもプレゼントされました。
ホストファミリーのお宅にも狭山市リサイクルプラザで作られた吊るし雛や布草履(リサイクル品)がプレゼントされました。
さや環 吉岡理事が親善活動に参加しました。
Comments