事業報告・事業計画

平成23年度事業報告

 

〈活動方針への対応〉

①環境市民の裾野拡大

→多彩な環境講座の開催により市民への普及啓発活動の充実は図られた。しかし、会員の拡大にはなかなか結びつかず。特に若い世代の参加に成果なし。

②事業推進の中核的メンバーの発掘、育成

→運営委員会の拡充は多少図られたものの、分科会メンバーは微増にとどまった。

NPO法人としての経営基盤の安定・強化

→受託業務は増えたものの、経営基盤の強化には至らず。

④市民団体・事業者・行政との連携の拡充、強化

→受託業務などを通じて市との協働の機会は増えた。

→狭山市環境基本計画の見直し作業に積極的に協力した。

→狭山市協働事業ガイドライン策定委員会(市民検討委員会)に参加した。

⑤市民を巻き込んでのマイタウンソーラー発電所建設の促進

 →2号機建設に目途がついたが、市民のなかに共感の輪を広げるには至らず。

⑥環境まちづくりの推進

→環境まちづくりマップづくりに関連し、環境保全団体調査及びフィールド調査を実施。今後はマップの活用イメージの検討、市民参加の機会の創出などが課題。

→中長期的な観点から新たに「さやまスマートコミュニティ研究会」を立ち上げた。

 

1)諸会議

 ・総会:第4回通常総会を5月に開催。

 ・理事会:4月に開催。総会に付議すべき事項を議決。

 ・運営委員会:12回開催(原則毎月第2火曜日)。

2)事業

表-平成23年度事業の概要

事業区分

事業内容

1.情報提供・情報交流

①広報紙などの発行

・広報「さやか」の発行(継続、年4回発行)

 ・広報「じゅんかん」発行(継続、ごみ減分科会)

 ・さや環の「事業案内(2011年度版)の発行

②さや環ホームページの管理運営

 ・全体事業や各分科会事業情報、環境関連情報等を随時更新

③環境サロンの運営

 ・毎月1回開催、会員相互の意見交換

④環境ツアーの実施

・実施せず

⑤その他、市民、環境団体などとの交流

・イオン狭山武蔵店の「幸せの黄色いレシートキャンペーン」に団体登録

・荒川流域ネットワークとの交流(川分科会)

・リサイクルプラザでの体験学習やリサイクルマーケット等を通じての交流、埼玉エコ・リサイクルで情報発信(ごみ減分科会)

・埼玉県温暖化防止活動推進センター、西埼玉温暖化対策ネットワークとの交流(温暖化対策分科会)

・川越狭山工業会、狭山青年会議所の新年賀詞交歓会に出席

・五十嵐財務副大臣との意見交換会を開催

2.教育普及啓発

①マイタウンソーラー発電所2号機の建設促進

・自治会など関係団体に働きかけて、建設候補地を調査した結果、新狭山1丁目3丁目自治会館の協力を得られることになり、来年度建設予定(温暖化対策分科会)

②環境まちづくりマップの作成

 ・関係資料の収集、堀兼・入曽。入間川・水野の4地区においてフィールド調査を実施。また、市内の環境保全関係団体に調査票を配布し、団体及び活動概要を把握。(緑の分科会主導)

③環境ウォーク2011の開催

10月、柏原地区において、「環境ウォーク20111-智光山公園・柏原地区探訪」を開催。参加者:115名、参加者に芋汁を提供(ごみ減量分科会主導)

④環境講座の開催(公民館、自治会館、学校などへの出前講座)

<緑の分科会>

・「狭山の雑木林から」(6月、小川)

・駅前ワイコイン講座で「コミュニティガーデンで街を創る」(6月、毛塚)

<ごみ減量分科会>

・「循環社会って」(5月、中川)

・「紙すき体験教室」(6月、遠藤)

・「石けん作り・紙すき体験教室(7月、遠藤他)

・「段ボール肥料」(9月、土淵)

・「廃油液からリサイクル石けんを作る」(1011月、計3回、中川他)

<温暖化対策分科会>

  ・「地元企業見学・日本電波」(7月、吉岡)

・「温暖化とクリーンエネルギー」(9月、土淵)

・「夏のエコ工作教室(ウォータトイを作る)」(8月、吉岡他)

・「温暖化とエコライフデーと環境家計簿」(9月、児玉)

・「地元企業見学・綜研化学」(10月、吉岡)

⑤環境カルタの利用促進

  ・8月、学童保育で2回、「環境カルタと環境の話」(中川)

  ・イベント時に環境カルタを販売

⑥その他

・広報「さやか」や「じゅんかん」、環境関連イベントなどを通じて普及啓発活動を推進

・11月、入間基地航空祭で環境グッズを販売

3.連携及び協働の推進

①狭山市リサイクルプラザ展示コーナー等運営業務の受託

・再生品・不用品の展示・頒布、不用品登録・斡旋、施設案内、各種体験教室の開催等を実施。

②狭山市環境課からの環境保全活動事業の受託

<小学校環境体験学習支援事業(川分科会)>

・入間川小学校及び入間川東小学校において実施

<温暖化対策事業(温暖化対策分科会)>

・緑のカーテン

・温室効果ガスの推計

・エコライフDAY&チャレンジ節電さやま、

・スカイロード祭りにおけるPR

・「さやまスマートコミュニティ研究会」の立ち上げ・運営

<その他>

・市役所エントランスホールにおける環境月間の展示に参加協力

・リサイクルマーケット&環境フェアに参加協力

③狭山市社会教育課から社会教育事業の受託

<生物多様性に関わる環境講座>

・講演「身近な自然・入間川から生物多様性を考える」(8月、講師:恵小百合)、事例発表:入間川の植物図鑑づくり実行委員会、NPOさやま環境市民ネットワーク、NPOバーブレス普及協会

・講演「里山の自然の魅力と生物多様性」(12月、講師:犬井正)、事例報告:さいたま緑のトラスト保全第9号地管理会、NPO加治丘陵山林管理グループ

<環境にやさしいライフスタイル講座>

・「段ボール箱堆肥作り」(9月、土淵)

・「森の散策とクラフト体験教室」(10月、小川)

・「この美しい地球を守るために私たちができることは」(1月、児玉)

・「くらしの安全・安心に向けて」(2月、外部講師:中下裕子)

・「森林からの間伐材を活かした木工教室(3月、鈴木)

④狭山市環境基本計画見直し作業などに協力

・平成15年度策定の「狭山市基本計画」の見直し作業の協力(主として重点プロジェクトについて)

・狭山市協働事業ガイドラインづくり(市民検討委員会)に参加協力

⑤埼玉県などとの連携・協働

・狭山市・さいたま緑のトラスト協会と協働し、緑のトラスト保全第9号地管理運営に参加協力(緑の分科会)

・埼玉県と協働し、荒川流域再生プロジェクトや入間川再生事業の推進、入間川を対象に全国一斉川の水質調査に参加協力(川分科会)

⑥その他

・ごみ減分科会:狭山市資源循環課と協働し、マイバックのPR活動を推進

   ・温暖化対策分科会:温暖化防止PRデモの推進

   ・その他、関係団体との連携による講演会の開催など

4.相談助言及び支 

  援

①専門家の派遣などによる相談助言(適宜対応)

②市内環境保全関係団体の活動への参加協力

   ・緑の分科会:森林施業への参加協力(荒天のため中止)

・川分科会:灯の川2011への参加協力、狭山市ほたるの会の入間川支流でのホタル再生計画に参加協力、地域子ども教室の川遊び体験への支援

・ごみ減分科会:ペットボトルキャップを回収し、途上国の子供たちのポリオワクチン提供を支援

・温暖化対策分科会:太陽光発電やエコドライブなどの市民参加の助言

③その他

 ・東日本大震災義援金への寄付(50,000円)

5.調査研究・提言

①「狭山市温室効果ガスの推計調査」(上記、狭山市からの受託業務「温暖化対策事業」の一環、温暖化対策分科会)

②その他、調査研究、政策提言、要望書提出など

・先進地見学などを通じ、ごみ減に関する調査研究・提言(ごみ減分科会)


平成24年度事業計画

<基本方針>

①見直された「第2次環境基本計画」及び狭山市が推進する協働事業(行政提案型及び市民提案型協働事業)をふまえて取り組む。

②若い世代及び女性の事業への参加を促進する。

③法人会員を含む会員の拡充を図るとともに会員との交流を深める。

④事業の推進を担う中核的人材の育成を図る。

HPなどの情報ツールを活用し、情報発信機能を強化する

NPO法人化5周年とからめ、記念事業を実施する、

 

1)諸会議

 ・総会:第5回通常総会を5月に開催。

 ・理事会:4月に開催。総会に付議すべき事項を議決。

 ・運営委員会:12回開催(原則毎月第2火曜日)。

 

2)事業

表-平成24年度事業計画の概要

事業区分

事業内容

1.情報提供・情報交流

①広報紙などの発行

・広報「さやか」の発行(継続、年4回発行)

・事業案内(2012年度版)の発行

  ・広報「じゅんかん」発行(継続、ごみ減分科会)

②さや環ホームページの管理運営

 ・全体事業や各分科会事業情報や環境関連情報等を随時更新

③環境サロンの運営

・毎月1回開催、会員相互の意見交換(内、4回は特定のテーマにもとづき意見交換を行うサロン(日中)を開催

④活動拠点の確保

・狭山台の空き店舗を活用した活動拠点の確保を検討

⑤その他、市民、環境団体などとの交流

・イオン狭山武蔵店「幸せの黄色いレシートキャンペーン」に団体登録

・会員登録をしている、さいたま緑のトラスト協会(緑の分科会)、荒川流域ネットワークとの交流(川分科会)、埼玉県温暖化防止活動推進センター及び西埼玉温暖化対策ネットワーク(温暖化対策分科会)を通じて交流を促進

・その他、市内の環境保全団体との交流を促進

2.教育普及啓発

①NPO法人化5周年記念事業の実施

・NPO法人設立5周年を記念し、エネルギー問題を再考する映画会(ドイツを脱原発への導いた話題の環境映画「第4の革命」)などを開催(温暖化対策分科会主導)

②マイタウンソーラー発電所の建設促進

・新狭山1丁目3丁目自治会館での2号機建設に向けて、寄付活動を推進するとともに、3号機建設に向けたPR活動とネットワークづくりを推進(温暖化対策分科会主導)

③環境まちづくりマップの作成

 ・関係資料の収集、フィールド調査を実施。市内の環境保全関係団体に関する調査を継続するとともに、市民参加の機会を模索(緑の分科会主導)

④環境ウォーク2012の開催

・特定地区を対象に、環境の魅力を体感する環境ウォークを開催(温暖化分科会主導)

⑤環境講座の開催

・各分科会で自主的に公民館、自治会館、学校などへの出前講座を開催

⑥環境カルタの利用促進

・環境カルタの利用を促進(利用の手引きを作成、活用を希望する学校に無料配布)

・イベント時を利用し環境カルタの販売を促進

⑦その他

・広報「さやか」や「じゅんかん」、環境関連イベントなどを通じて普及啓発活動を推進

・入間基地航空祭で環境グッズを販売

3.連携及び協働の推進

①狭山市リサイクルプラザ展示コーナー等運営業務の受託

・再生品・不用品の展示・頒布、不用品登録・斡旋、施設案内、各種体験教室の開催等

②狭山市環境課からの環境保全活動事業の受託

・小学校環境体験学習支援事業:入間川小学校及び入間川東小学校において実施(川分科会主導)

・温暖化対策支援事業:温室効果ガスの推計、エコライフDAY&チャレンジ節電さやまなど(温暖化対策分科会)

・環境月間、環境フェア等の行事に参加協力

③狭山市社会教育課からの環境に関わる社会教育事業の受託

・緑、川、ごみ減量、温暖化対策をテーマに環境講座を開催

④狭山市・さいたま緑のトラスト協会との連携・協働

・緑のトラスト保全第9号地管理運営に参加協力(緑の分科会主導)

⑤環境まちづくりの推進に向けた行政との意見交換会の開催

 ・市の「第2次環境基本計画」や「協働推進ガイドライン」の策定を契機に、協働による環境まちづくりの推進について話し合う意見交換会を開催

⑥その他、行政や関係団体などとの連携・協働

・イベント時を活用し、みどりの基金への協力を推進

・各分科会で適宜、行政や環境保全団体との連携・協働を推進

4.相談助言及び支援

①専門家の派遣などによる相談助言(適宜対応)

②その他、市内環境保全関係団体の活動への支援(適宜対応)

5.調査研究・提言

①さやまスマートコミュニティ研究会の運営

・エネルギーの地産地消について考える研究会を開催(温暖化対策分科会主導)

②その他

・各分科会のテーマに沿って適宜実施







Comments